帰国子女必見!IB生でも最難関国立が狙える?京都大学特別入試!

2021年3月24日

東京大学と並び、日本最高峰の大学である京都大学。特に国内の国公立の受験を考えている方なら誰もが憧れを抱くと思います。そんな京都大学ですが、実は大学入試共通テスト(旧センター試験)を受験せずとも、IBのみでも入学できる方法があるんです!

その名は「外国学校出身者特別選抜入試」です。(以下選抜入試)ただ、この名前の通り、今のところは、受験資格としては海外の学校でIBを資格している必要があります。また、実施学部は経済学部と法学部のに学部のみとなっています。

数少ない学部ですが、日本最高峰の学力を持つ京都大学にIBを利用して入学できるチャンスです!本記事では実際に京都大学経済学部に選抜入試で合格し、在学している丸岡さんの入試の体験談を交えつつ入試について紹介していきたいと思います!

京都大学ってどんな大学?

冒頭でも少し触れましたが、京都大学は言わずと知れた日本最高峰の学力を持つ国立大学です。主にこのような最難関国立大学にIBを利用し入学するためには、大学共通テスト(旧センター入試)の受験が必須です。しかし、法学部と経済学部のみにかぎり、今回紹介する入試方法によって異なる受験方法で受けることができます。

入試の概要

京都大学にIBを利用して受験できる入試の正式名称は外国学校出身者特別選抜入試です。この入試は経済学部、法学部の二学部が実施しています。(2021年2月現在)

下記の表はこの入試の募集要項に記載されている受験資格などを簡易化したものとなります。

入試形式 募集要項
外国学校出身者

特別選抜入試

外国の学校にて国際バカロレアを修了したした者。

※なお、国際バカロレア以外にも外国の学校の卒業者なら受験資格を得ることができます。

入試の主な流れ

京都大学経済学部選抜入試は以下のような流れとなっています。(令和3年度入試)

出願書類提出期間(一次選考)

この期間内に定められた出願書類を京都大学に郵送しなければなりません。主なものとしては以下のものが挙げられます。

  • 外国学校出身者推薦書
  • 卒業証明書
  • 成績証明書
  • TOEFLスコアレポート
  • 学びの設計書(志望理由書)

志望理由書は指定の用紙に記入します。令和3年度入試では以下のような質問でした。

【1】高等学校在学中に取り組んだこと、達成したこと、そこで得たものを具体的に書いてください。

【2】経済学部へ入学を希望する理由を書いてください。

【3】A:大学生活において何をどのように学びたいか、具体的に設計してその内容を書いてください。

B:大学卒業後、大学で学んだことをどのように活かしたいか具体的に書いてください。

志望理由書は一次選考だけではなく、二次選考での面接でも質問される場合があるのでしっかりと構築し、内容を覚えておくことも重要となってきます。

二次選考(筆記試験、面接)

二次試験の内容としては以下のものが挙げられます。

筆記試験:大学共通テストにおいて理系に出題される国語の現代文

面接:日本語で出願内容に関する面接、時事問題。

TOEFLの成績

試験の詳細

現役京都大学経済学部生である丸岡さんの体験談も含めて紹介したいと思います。

一次審査

100%書類審査である一次選考、きっと何を対策したらいいか不安に思う方もいると思います。そこで今回は現役京都大学経済学部生である丸岡さんに一次審査についてのお話を伺いました。下記の表はお話を基に作成した各提出物の注意すべき点や、具体的な合格スコアです。

提出物 具体的な対策、気をつけるべきこと
外国学校出身者推薦書 外国の学校で先生等が書き慣れていない場合は、特に記述して欲しい内容などを先に提出しておくことによってスムーズに受け取りができる場合があります。
卒業証明書 海外の学校の卒業証明書
成績証明書 IBの成績及び、高校在学時の成績の提出。
TOEFL iBT成績 スコアは100超えを目標に。(実際のスコアは106)
学びの設計書 志望理由書は面接の時にも重要となるので、しっかりと構築する必要があります。

二次選考では上記記載の通り、筆記試験及び面接が行われます。現役京都大学経済学部生である丸岡さんの体験談も含めて紹介したいと思います。(尚、丸岡さん受験時は筆記試験の内容が多少異なりました。ご了承ください。)

筆記試験

二次試験で行われる筆記試験は、京都大学の個別学力検査(前期日程)の理系で出される国語の現代文と同じ問題になります。

対策の方法としてあげられるのは、過去に出題された現代文を解き、書くことに慣れる必要があります。通常このような特別入試ではあまり過去問などが出回らないのが一般的ですが、京都大学の特別入試ではラッキーなことに筆記試験の過去問題を手に入れることができます!

面接

面接の内容はもちろん人によって異なりますが、丸岡さんの体験談を基に主に対策しておくべき質問や内容についてまとめてみました。

  1. 志望理由
  2. 自分の滞在国の分析
  3. 受験分野の基礎知識
  4. 時事問題
  1. どの入試の面接にも適用されますが、自分がなぜこの学校に入りたいのか?何を学びたいのか?という志望理由は必ずすぐに答えられるようにしましょう。また、志望理由に関連してさらに深く掘り下げられた質問も聞かれるかもしれないので、しっかりとした志望理由の構築が必要となってきます。
  2. また、自分が滞在していた国の分析も大変重要な面接対策になります。現地での社会問題はもちろん、様々な時事問題、日本との比較についても聞かれる場合があるので、しっかりと常日頃からアンテナを張って滞在国について一層知識を深める必要があります。
  3. 受験する分野によって異なりますが、分野の基礎知識について知っておく必要もあります。経済学部の場合はIBの科目でEconomicsがあるのでHLで選択することによって知識のカバーはできるかもしれません。しかし、面接は全て日本語で行われるので、知識の和訳をしておく必要があります。
  4. 時事問題は対策というよりかは、滞在国の分析同様、毎日のニュースや社会問題などにアンテナを張れているかが重要となってきます。

上記の対策方法は実際に丸岡さんが入試の際に行っていたものです。対策の方法は人によって異なると思いますが、一度実践してみるのも良いかもしれません。また、丸岡さん自身も入試の対策をするにあたって、高校卒業後に日本に帰国し、塾に通っていたそうです。ここの塾で行った事としては、筆記の添削と面接練習がメインとなっていたみたいです。また、中々近くに対策をしてくれる帰国子女専門の塾がない場合や、オンラインで対策を行いたい場合は是非EDUBALのオンライン家庭教師もご検討ください!

最後に!

今回は京都大学の外国学校出身者特別入試についてご紹介しました。日本の最難関大学の一つである京都大学、入学することは容易ではありません。しかし、大学共通テストを受けずとも受験ができる点から多くの魅力と可能性に満ち溢れた入試です。是非少しでも興味があるのならチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

京都大学

入試系統:
外国学校出身者特別入試
選抜方法:
書類選考/筆記試験・面接