【2019年最新版】カナダの大学ランキング!上位5位を紹介!必要なIBスコアは?

2019年8月15日

留学先として人気なカナダの大学ランキングをご紹介

CWUR World University Rankings 2018-2019年版のカナダの大学ランキングが発表されました。
外国人教員や留学生の比率が重視されがちなQS世界大学ランキングやTHE世界大学ランキングとは異なり、CWURは学術研究や入試難易度のみに重点を置いたCWUR世界大学ランキング。

進学先を決定する際に、大学ランキングを把握することで、より質の良い教育を提供している大学や、就職に幅がきく大学を知ることができます。
また、基本的にはIBのスコアが高い人ほど上位の大学に出願する傾向があるため、自分の学力レベルにあった大学を知ることができます。

今回は、中でも特にランキング上位校に入学したIB生のFinal Scoreの平均点を調べました。
この平均点は、2016年時点で各大学を受験したIB生のFinal Scoreの平均点(合格者の平均点ではありません)であり、Guide for IB students applying to Canadian institutionsから引用しています。

ぜひ自分の現在の成績と照らし合わせて、参考にしてください。

カナダの大学は平均的に教育レベルが高いと言われていますが、その中のランキングはどうなっているのでしょうか?

第1位 トロント大学

いわずと知れた名門校

トロント大学は、オンタリオ州にあるカナダで最も著名な大学の1つです。生徒の数は88,000人以上と、非常に大規模な大学です。
オンタリオ州は、経済都市のトロントと、政治都市のオタワがあることからもわかるように、カナダの経済と政治の中心。
日本の大学と交換留学を提携している学部も多く、非常に国際的な環境で学ぶことができるでしょう。

トロント大学を受験したIB生の平均点:34点

第2位 マギル大学

フランス語圏のケベック州にある名門校

マギル大学は、トロント大学と比べてその生徒数は約40,000人と半分くらいの規模の大学です。
規模はトロント大学の半分ですが、留学生の割合は1.5倍ほど。より生徒間の距離が近い大学だと言えるかもしれません。
フランス語圏のケベック州にあるため、フランス語の勉強をしたい方にもオススメの大学です。

マギル大学を受験したIB生の平均点:36点

第3位 ブリティッシュコロンビア大学

暖かく過ごしやすい地域は勉学に最適

“UBC”の名称で親しまれているブリティッシュコロンビア大学。
名前の通り、ブリティッシュコロンビア州に位置する大学です。
過去にはマギル大学よりも世界大学ランキングの順位が上だったこともあり、非常に著名かつ質の良い教育を受けることができます。

大学を受験したIB生の平均点:33点

第4位 アルバータ大学

立地を生かした研究が盛ん

アルバータ州にあるアルバータ大学は、自然豊かな立地を生かした農学や環境学、地質学の研究も盛んです。

アルバータ大学を受験したIB生の平均点: 非公開
※ただし、IBDP 30~35を取っていることが望ましく、最低でも各科目が3点以上必要
参照元はこちら(公式HP)

第5位 モントリオール大学

授業のほとんどがフランス語で行われる大学


ケベックにあるモントリオール大学は、その提供する授業のほとんどがフランス語によって行われます。
フランス語が得意な生徒や、フランス語の語学力を伸ばすための留学がしたい学生にとっては、非常にオススメな大学だと言えるでしょう。
フランス語習得のための大学からの支援も充実しています。

モントリオール大学を受験したIB生の平均点: 非公開

大学ランキングも進学の参考に

大学ランキングは毎年更新されますが、順位が大幅に変更されることはあまりありません。
留学生が多い大学ほど留学生にとっては過ごしやすい環境であることも多く、一概にこのようなランキングだけで進学先を決めるはリスキーですが、進学先検討の際の参考になればと思います。

ぜひ、自分にあった進学先を見つけてくださいね!

【参考元】
Guide for IB students applying to Canadian institutions
Canada – CWUR World University Rankings 2018-2019