【IB体験談】慶應義塾大学に進学した鈴木さん

2020年9月7日

フィリピンでIBDPを取得し、慶應義塾大学へ進学した鈴木さんのIB時代についてインタビューしてきました!科目選択の決め方や工夫した勉強法などを伺ったので、IBをこれから始める方はぜひ参考にしてみてください。

 

鈴木さんのプロフィール

■利用した入試制度
帰国子女入試
■所属大学
慶應義塾大学/経済学部PEARL
■IB取得科目
【HL】English A language and literature/Business Management/Economics
【SL】Chinese ab initio/Mathematics/Biology

科目パッケージはどのように決めましたか?

もともと、経営学、経済学に興味があったので、Business ManagementとEconomicsを選びました。その他の教科は二つのHLの勉強の負担にならないように選びました。

IBを勉強する上で工夫された勉強法などありますか?

IBを勉強する際、課題がとても多かったことです。課題が多いことで、後になって提出期限が分からなくなる時がありました。その混乱を防ぐためにスケジュール帳に毎日論文をどこまで進めるか目標を書いていました。

 

IBを取得するにあたって、最も大変だったことはなんですか?

最も大変だったのは、なかなか英語力が追いつかなかったことです。他の科目でも英語を学ぶので必死でした。特にHL科目のEnglish A Language and Literatureはとても難しかったので、追いつくのが大変でした。

 

IBを取得する上で、最も充実していたと感じることはなんですか?

IBを取得している時は、ストレスが非常にたまりやすかったです。そのため、CASで自分が楽しいと思える課外活動に参加し、ストレス発散していました。これよって、IB生活が一気に充実していった気がしました。


鈴木さん、ご協力ありがとうございました!
鈴木さんの「大学受験インタビュー」はこちら